• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 運転免許に関するコラム一覧
  4. 取消処分者講習ってなに?どんな制度?料金は?

取消処分者講習ってなに?どんな制度?料金は?

運転免許の取消処分者講習とは?

取消処分者講習とは運転免許を過去に取り消された方が受ける講習のことです。
してはいけない重度な違反や度重なる軽微な違反が積み重なり累積により免許を取り消しにされたり、運転免許の拒否処分を受けられた方が対象になります。ですが一度取り消された免許はこの取消処分者講習を受けたから戻ってくると言うものではなく、もう一度自動車教習所に通い免許を取得する必要があります。運転免許が取り消しになると累積違反点数によって定められた期間は免許が取得できませんと言った欠格期間が存在します。これは行政処分の回数や違反の累積点数などによって決まるものですが、期間の長いものですと5年~となっているので、まずは自分がどれくらいの期間免許の取得ができないのかと言うことを確認して取消処分者講習を受けるようにしましょう。

取消処分者講習の制度

取消処分者購入の大まかな流れとしては、運転免許の取り消しから、まず仮免許の取得を行いその段階で欠格期間が終了していれば取消処分者講習を受け、それから運転免許の学科試験、技能試験を受けて合格すれば免許の交付と言う流れになっています。取消処分者講習の受講時間は2日間で13時間と決められていて1日目が7時間2日目が6時間となっています。受講場所によっては受けられる日付などが決まっている場所もあります。さらに飲酒取消処分者講習と言って免許の取り消し理由が飲酒運転関係の方には飲酒運転に関する講習も受けなくてはなりません。内容としてはアルコールクリーニングテストや飲酒行動の改善などがあり、飲酒運転を2度としないようにするための講習になっています。1日目の講習から2日目の講習までは30日間の期間が設けられて、その間は日記を書かなくてはなりません。

取消処分者講習の料金と免許取消にならないようにする対策

取消処分者講習の料金30,550円になっています。ですがこれは取消処分者講習の受講料であって、免許をもう一度取得するためには、学科試験と実技試験をもう一度受けなくてはなりません。そのため必要に応じてもう一度自動車教習所に通ったり、あるいは自動車教習所に通わずに試験を受けるなら、試験料そして勉強する時間が必要になります。一番良いのは免許取消にならないことです。そのためには安全運転を心がけ、交通ルールを守って無理な運転はしないことが重要になってきます。飲酒運転も最近では罰則が重くなってきていますし、代行サービスなども増えてきました。捕まってもう一度免許を取り直すことを考えるとそう言ったサービスを使ったり、安全運転を心がける方が自分自身にとっても一番良い選択になります。

まとめ

運転免許の取消になると、想像以上に多くの犠牲を払わなければなりません。しかしながら結果として運転免許の取消処分となってしまう方が存在します。二度と取消にならないように、通ルールを守り安全運転を心掛けてください。

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ