• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 免許取得に関するコラム一覧
  4. 二輪免許(バイク免許)の取得方法、条件、費用のまとめ

二輪免許(バイク免許)の取得方法、条件、費用のまとめ

25年振りの二輪免許取得?40代リターンライダーのメモ

最近の二輪免許事情は?40代リターンライダーのメモ
16歳で手に入れた二輪免許、当時神奈川県の藤沢市に住んでいた高校生の私はワクワクドキドキする気持ちを抑えて二俣川まで二輪免許の試験を受験しにでかけました。16歳に自分にとって単車というよりはスクーターに乗りたい気持ちが強かったのかな?自分の周囲でもヤンキーっぽい友人は16歳ですぐに単車という選択をしていましたが私は親がうるさくまずはスクーターに乗れる二輪免許から、という気持ちだったと思います。
そんな青春時代から既に25年の月日が流れ、進学、就職、結婚、住宅購入、子育ての階段を上り続け気が付けば40歳を超え、再び二輪免許を?という気持ちになりすこし調べてみようと思います。

どっちがお得!合宿か?それとも近場か?

25年前にはライダーの夢だと思われていた大型二輪、当時はナナハンという言葉は夢のまた夢!のような感覚だったと思います。しかし時代は変わり、なんと大型自動二輪免許が教習所で取得できる時代になったようです。しかも合宿?合宿というと学生時代の部活動や企業の勉強会ぐらいしか縁がなかったのですが、短期間で効率よく、しかも割安価格で取得できる合宿制度も全国各地で行われている様子。時代は変わりましたね。しかし、一週間から10日程度の連休を家族が許してくれるのか?会社が認めてくれるのか?と現実に戻り思案してみるとやはり合宿参加はいささかハードルも高い気もしてきました……。でももし合宿先で20代の可愛い女の子と仲良しになれたりしたら楽しいそうだなぁ……などとよこしまな考えも浮上。合宿を実施する教習所で一緒にテレビとか見ちゃったり、ごはんも食べて……いや、イカンイカン、と理性を働かせ。
結論から言いますと家族を説得することができずに自宅から電車で二駅の場所にある教習所に通うことになりました。費用面はあまり気にならないというのが正直なところです。
合宿かぁ……一度体験してみたい気持ちは今後の為にとっておくことにしよう。

結局の二輪免許取得費用は?

ずばり、12万円。学生時代に普通二輪まで取得していたので大型二輪免許の取得費用は学科なし、実技のみの12万円(入校する時期や教習所、通学制や合宿制により異なります)となりました。
取得費用に内訳についてはまあ習い事だし、継続的にかかる費用でもないのでまあよいかな?という金額だと思います。仮に取得費用が50万円だったら?うーむ、家庭を守る立場の会社員に取得費用50万円はちょっと難しい金額だと思います。卒業検定も一発合格なら追加費用はないのか。うーんなんだかワクワクしてきたぞ。早速お小遣いをコツコツためた虎の子をATMで下し、教習所へ向かいました。
「ん、待てよ!取得費用を支払って大型バイクはどうやって買うのか?」まあまずは免許ということで久しぶりの教習所通い、会社が終わった後、平日のみに限られるので集中的には難しいですがなんとか実現することになりました。

まとめ

二輪免許は現在「小型自動二輪免許」、「普通自動二輪免許」、「大型自動二輪免許」の3種類あります。免許の種類により乗れるバイクの大きさが変わりますので、自信でどんなバイクに乗りたいのか考えてお選びください。

合宿免許わかばで二輪免許を取得することができる合宿校をご紹介!
 → 二輪免許 取扱い合宿校一覧

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ