• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 免許取得に関するコラム一覧
  4. けん引免許の取得方法、条件、費用のまとめ

けん引免許の取得方法、条件、費用のまとめ

けん引免許の取得の基本的な特徴や魅力

けん引免許の取得を考える際、その特徴や魅力に関して知識を持っておくと所得の際に役に立てることにつなげられます。けん引免許の特徴は、けん引される構造や装置を備えている特徴がみられる車が該当します。車両の後ろに750kgを越える車両を連結器が接続されており、引っ張って運転することをけん引することです。大型車、中型車や普通自動車、大型特殊自動車によるほかの車をけん引する際は、引っ張って行く自動車の種類の個々の免許だけではなく、このけん引免許が必要となる事が特徴です。
大型車の貨物トレーラー、タンクローリーなどを引く時にもけん引免許が必要です。免許の取得は、指定自動車教習所で定められた教習を受けて卒業することに加えて、免許センターで適性試験に合格することが必要です。
けん引免許は、自分に合った教習所へ通学するか、免許合宿により取得かはご自身の都合でお決めください。

けん引免許の合宿を行う際のメリット

けん引免許の合宿を行うためには、求めている条件をある程度の範囲で決めていく必要があります。
また、目安を明確にすることで候補をいくつかまで絞ることが可能です。 免許の取得に必要な合宿先は、インターネットのサイトでも確認ができる時代に変化しています。多くのサイトでは、条件に合わせた教習所を探せるように工夫されています。サイトから確認可能な教習所詳細ページにおいて、入校日や最短日数・保証内容などが確認できるかがポイントです。免許合宿で入校した場合はスケジュールを教習所側が作成してくれるので、スムーズに教習に集中できます。けん引免許の取得で合宿を活用するメリットは、最小限に抑えた所得費用だけではなく、通学の手間を省く面にも確認できます。通学で取得を目指す場合は、季節や時期に左右される場合があり、技能教習の予約が安定して取れないことがあるので注意が必要です。こうした理由から、通学は教習所に通う気持ちが薄れてしまったり、考えている以上に長期間を要することが考えられますが、合宿はそうした心配を解消してくれる魅力が存在しています。

けん引免許の教習所や合宿の取得費用の知識

けん引免許の合宿を利用すれば、教習所や入校日によって異なる場合もありますが、最短でも1週間以内に教習所の卒業に導くことが実現できます。そのほかにも取得希望者が考えておく必要になるのが取得費用です。けん引免許の合宿に求められる取得費用の知識には、教習代や宿泊代、食事代が含まれているプランも選択できます。合宿は、宿泊のみでは手間がかかりますし、食事場所が安定していないと教習へ向かう集中力にも影響が生まれてしまいます。全体的に求められるコストを網羅したパックの取得費用のプランは、けん引免許の希望者にとってもメリットが存在しています。教習所を選択する場合は格安な免許取得も大切ですが、卒業までの保証が含まれたプランを採用しているところを選択することも忘れてはならない要素です。この際には、補習や再検定時の追加の免許取得の支払いの必要がないところを選ぶことも求められます。さまざまな面で、取得希望者の気持ちを考えたけん引免許の合宿、取得費用のプランを選ぶことも取得するための知識です。

まとめ

けん引免許は他の種類の免許とは違い、単独の免許では運転することができない特殊な免許です。引っ張られる車両の大きさにより、引っ張る車両の免許が必要になります。レジャーなのか仕事なのかによって大まかな大きさは限定されます。
しかし、免許取得の際は教習所にある教習車はMT車のみで大きさは中型車くらいの大きさなので普通車免許しかない方はちょっと苦労するかもしれません。

合宿免許わかばでけん引免許を取得することができる合宿校をご紹介!
 → けん引免許 取扱い合宿校一覧

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ