• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 免許取得に関するコラム一覧
  4. 中型自動車免許の取得方法、条件、費用のまとめ

中型自動車免許の取得方法、条件、費用のまとめ

中型免許の取得に関する特徴

中型免許の取得は、普通免許取得後2年以上経歴がないと取得できません。中型免許を取得した多くの方は、大型免許を将来的に取得を考えている人が多く存在している特徴があります。通って目指すよりも、合宿で短期間のうちに目指す方法は、費用や乗車予約などの手間の面を考えても効果的です。先に述べた通り中型免許には取得条件があり、普通免許の運転歴がトータルで2年以上の条件に当てはまる必要があります。また、20歳の年齢に到達している必要が求められます。入校する学校と免許センターでは視力に関する適性検査も必要です。定められた片眼と両眼の視力が求められます。さらに視力検査の他に、深視力(眼の能力の中に両眼視機能と言われるものがあり、遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力をいう)検査に合格する必要がります。3本の棒の内、真ん中の1本が前後に動き、3本の棒が一列に並んだ時点でスイッチを押します。3回検査を行い平均誤差の2cm以内であれば合格となります。中型自動車免許の取得と条件、費用に関する知識は事前にある程度の情報を把握しておくと取得の際に役立てられます。中型免許は、2007年の改正道路交通法の施行によって生まれた新しい免許の特徴があり、普通と大型の免許と中間地点に置かれています。中型免許は、主に11人以上で29人以下の乗員の四輪車のトラックなどの運転が該当しています。いくつかの条件を無事に満たすことで中型免許の取得につなげられます。

中型車MT8t限定の免許所持者が合宿で中型免許の取得を目指す魅力

中型免許は合宿による取得がさまざまな魅力を見つけられます。取得費用に関しても短期間で目指すことによるコストを省くことができます。
短期間で取得が大きな魅力の一つであり、中型車MT8t限定の免許を所持している方であれば最短3泊4日で限定解除にも導けます。中型の教習車の運転は、普通車しか乗ったことのない方は、普通車より大きな車を運転しなければならないので最初の頃は不慣れな部分もありますが、タイヤの位置関係やサイドミラーの使い方をマスターすれば次第に慣れを感じてきます。
免許合宿で中型免許の取得を目指す魅力には、3泊4日の連続で教習が可能なので、日にちを空けながら通って取得を目指すよりも上達が格段に早く進み、運転技術を吸収ができて、早期に異なる中型の車幅へ慣れていくことが可能です。
数日間の合宿は、自分のライフスタイルを崩さずに取得に導くことが可能です。3泊4日の休みを活用することでビジネスをしている人でも、あまり迷惑をかけずに休みが取れる日数の範囲です。
合宿の関する中型免許の取得のメリットは、多くの面に確認できます。

中型免許の合宿の取得費用に関する特徴と注意

免許合宿を利用した中型免許は取得費用が求められてきます。少しでも費用を抑えた場所で教習する方法もあります。抑えた費用で宿泊費と食事が付いているため、生活の面を含めて高いコストパフォーマンスを確認できます。
激安の取得費用は魅力ですが、カリキュラムの内容を把握してから、教習場所を決めることが大切です。コストの安さだけを全面に押し出したところだけに注目するだけではなく、幅広い視点で合宿先の候補を絞っていくことも必要です。
普通車よりも大きな車両が中型車であり、中型免許には大きな取得費用が求められるイメージもありますが、閑散期に予定を立ててキャンペーンを利用した入校を実現させることで、コストを大幅に抑えた取得につなげられます。
取得費用の手軽な免許合宿を求める際の注意として、自動車教習所を多くの選択肢から選ぶために視野を広く情報を確認することが大切です。

合宿免許わかばで中型車免許を取得することができる合宿校をご紹介!
 → 中型車免許 取扱い合宿校一覧

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ