合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 車や免許の雑学に関するコラム一覧
  4. 初心者必見!セルフスタンド利用時の正しいマナー

初心者必見!セルフスタンド利用時の正しいマナー

セルフのガソリンスタンドではマナーが重要

車を走らせるためにはガソリンが必要不可欠となり、その際に利用するのがガソリンスタンドという給油所となります。一昔前までは店員がガソリンを入れてくれるガソリンスタンドが主流でしたが、現在ではセルフと呼ばれる自分でガソリンを入れるタイプのガソリンスタンドが増えてきており、セルフのスタンドを利用する人も増加傾向にあります。しかしセルフのガソリンスタンドはマナーを守って給油を行わないと思わぬトラブルに遭遇することも多く、事故に繋がるケースも考えられます。基本的にセルフの場合は全てを自分で行うことになるため決められたマナーを守れない場合には利用することで他の人にも迷惑をかけることになるでしょう。特に注意しなければいけないのが静電気や火・レシート・割り込みや駐車という3つとなります。

静電気や火に気をつけることが最低限のマナー

セルフのガソリンスタンドを利用する場合には静電気や火には細心の注意を払う必要があります。この静電気や火はガソリンスタンドでの給油中に火事を起こさないために注意すべきマナーで、必ず守るべき重要なものと言えます。セルフではないガソリンスタンドの場合、店員は静電気が起きない専用の服を着用していますので給油中に静電気で火事になることは、ほぼありません。
しかしセルフの場合は運転者自身が給油する方式のため、静電気の起きやすい服装の場合もあります。そういった理由からセルフ機に設置してある静電気除去シートに必ず触れてから給油を行う必要があります。それにより体に帯電していた静電気を除去できますので安全に給油を行うことが可能になります。セルフのガソリンスタンドに慣れてくるとつい静電気除去を忘れてしまう場合もありますが、給油機が音声で案内してくれますので、聞き逃さないようにしてください。ガソリンは気化しやすく静電気で急に発火することも考えられますのでマナーと安全対策として静電気除去は必ず行うようにしましょう。

車を駐車する位置とレシートのマナー

セルフのガソリンスタンドの場合、車を駐車する位置にもマナーがあります。何故ならセルフのガソリンスタンドでは多くの人が入れ替わりでガソリンを給油する形となりますので、正しい位置に車を駐車していないと車の入れ替えが出来ないという状況を生み出すことになります。基本的には駐車場所が決められているのでその場所に正しく駐車してガソリンの給油を行うことがマナーです。次に支払い後のレシートに関してもマナーがあり、良く見かけるのがセルフのガソリンスタンドで給油した後レシートを放置したまま走り去ってしまうという人です。これは次の人のことを考えていないマナー違反と言える行為で、レシートを取らないままの状態は次の給油者がそれを処分することになるので、ごみを放置したままにしているのと同じことと言えます。その為レシートは必ず取るか、必要ないのであれば最初からレシートを排出しないようにするのがセルフガソリンスタンド利用のマナーと言えます。

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ