• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 車に関する雑学
  4. ドライブ中の居眠り運転を防止する方法は

ドライブ中の居眠り運転を防止する方法は

同乗者の力を借りてドライブ中の眠気を覚ます方法

楽しいドライブ中につい居眠り運転をして、悲惨な事故に遭ってしまう人も多くいます。
ドライブ中の眠気は、渋滞にハマっている時だけではなく高速をスムーズに走行している時にも起こり易くなります。ドライブ中に眠気が襲ってきたら、まずは「空調を涼しく」します。人は身体が温まると眠くなりますので、冬でも暖房は我慢して寒い位の温度にしましょう。一般道ならば窓を全開にすると眠気が覚め易くなります。
同乗者がいる場合には眠気を覚ます様に積極的に協力をしてもらいましょう。ただ同乗者とお喋りをするだけでは会話が退屈になり、返って眠気が襲ってきてしまいます。少しでも脳が活性化する様にナビをして貰ったり、周囲の情景を説明して貰う様にします。或いは好きな音楽を用意しておき、一緒に大声を出して歌うというのも良い方法です。

食べ物やツボを利用してドライブ中の眠気を覚ます方法

内面の気合だけでドライブ中の眠気が治まらない時には、外部からの刺激を加える方法も利用します。
まずは冷たい飲み物を飲んで身体をより冷やすという方法があります。最近ではドライブ中や会議中の眠気覚ましの為に開発されたカフェイン入りのコーヒーや眠気覚ましドリンクが販売されています。ドライブ前に幾つか購入してクーラーボックスで冷やしておきましょう。また、眠気覚ましにガムを噛むというのは最初のうちは効果がありますが、味がなくなってくると単調なリズムで噛み続けることから逆に眠気が強くなってしまうこともあります。なるべくランダムに噛めるものとして、堅焼きせんべいなどを用意しておくと良いでしょう。
更には信号や渋滞で全くストップした時を見計らい、ツボを刺激するという方法もあります。瞬間的にツボを刺激する方法として、耳をしっかりと掴んで痛い位にギュッと引っ張るとスッキリとします。

ドライブを中断して眠気を覚ますのがおすすめ

何度も眠気と戦いながらドライブをするのは危険なだけではなく、精神的に疲れが溜まるものです。もし眠気覚ましを行っても何度も眠気が復活してくるのならば、身体が相当疲れている証拠です。早めに道の駅やドライブインなどで休憩をとるのがおすすめです。
休憩を取る際にはただ車を止めてコーヒーを飲むのではなく、車を降りて周辺を歩き回ることです。ドライブの疲れで身体が緊張して筋肉が固くなり、血行も悪くなっています。深呼吸をする、ストレッチをする、軽く走るなどして身体に酸素を行きわたらせる様にします。それでもどうしても眠気が取れない場合には、いっそ30分でも仮眠を取りましょう。安全で楽しいドライブをする為には、出かける前に休憩スポットを決めておき、仮眠を取ることも考えて計画を立てるべきです。

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ