• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 合宿免許の料金・費用に関するコラム一覧
  4. 合宿免許の料金・費用を安く免許を取る方法!?

合宿免許の料金・費用を安く免許を取る方法!?

合宿免許は通学に比べ安い金額っていうイメージを持っている方がほとんど。しかし参加するに当たり色々調べたけどさほど料金・費用が安くないなんて事も。しかし短期間で自動車教習所を卒業可能な合宿免許の魅力は捨てがたい・・・。
「じゃーどうすれば安くなるの!?」「合宿免許はいくら?」「合宿免許の料金・費用は?」という声が。
答えは簡単、合宿免許の仕組みを知ることで参加費用を安く抑えられるのです。安くする方法をご紹介いたしますのでご活用ください。

合宿免許は季節変動型の料金設定

合宿免許に行こうと検討される方の多くはパンフレットやホームページなどで情報(地域、料金、宿泊施設、入校特典、その他必要なお金など)を得て、その中から行きたい教習所を決めるのが一般的です。行きたい教習所を検討する過程で、料金の設定が複数ある事に気づかれると思います。その料金設定と入校日の関係を理解した上で参加する時期を決めると合宿免許の参加料金が安くなることにつながります。ここではその理由とおすすめの参加時期をご紹介いたします。

教習所は運転免許に関することを教える学校でありながらも一般企業ですから利益を追求するのが当たり前。教習所は繁忙期と閑散期において入校者数の差が激しく、繁忙期に合わせ指導員の数を増やせば閑散期は暇になり経費の無駄が多くなってしまいます。繁忙期・閑散期問わず忙しくなれば企業的にメリットが大きいといえます。免許取得人口の少ない地域の教習所が人口の多い都市圏から生徒を募集しようと考えられた仕組みが合宿免許です。
合宿免許に参加される方の多くは高校や専門学校・大学などの学生なので、入校希望者が多い「春休み、夏休み、冬休み」の時期は高めに料金を設定し、逆に学生が少ない時期には安く料金を設定するという季節変動型料金としている合宿校がほとんどです。

以下の画像は当センター提携の某教習所の普通車の料金表例です(5月1日~11月30日期間の料金)。

5月~7月中旬、9月中旬~11月は閑散期といわれる時期なので1シーズン体系で料金も安くなっております。しかし、7月中旬~9月中旬の期間は学生の休みとなる時期なので料金は高くなります。また、学生の休み開始の時期がそれぞれ学校によって違うため2ヶ月の間でも3シーズンに分かれております。シーズナリティという季節変動型の料金設定は通学と合宿免許の大きな違いの一つでもあります。

結論として、春休み・夏休み・冬休みなど学生が休みでない1月・4月~7月中旬と9月下旬~12月上旬の閑散期に参加するのが一番安く免許を取得できることになります。

宿泊プラン(宿泊施設&部屋タイプ)によって料金に違いが

合宿免許の料金を安くする方法の二つ目は、宿泊プランの選択となります。宿泊を伴う旅行を思い浮かべていただければ簡単。宿泊するホテルや旅館、さらに部屋のグレードにより旅行代金は変わるはずです。
合宿免許においても同じ仕組みとなっています。合宿免許で宿泊する宿タイプ(寮、賃貸アパート、賃貸マンション、旅館、ホテルなど)はいろいろありますが、どの宿タイプを利用するのかは教習所によって違います。料金設定で安いのが寮、そして一番高いのがホテルとなります。寮の設備が悪いとかではなく、寮は教習所が運営している宿泊施設ということから経費が少ないという理由です。ですから参加費用を安くしたいという方は寮がある教習所をお選びください。また、自炊プランやレディースプランといって食事がつかないまたは昼のみ食事が付くプランがあります。食事がつかない分、参加料金の設定が安くなっておりますので、料理が自慢という方はこのプランに挑戦してみてください。ただし、料理をさぼると3食付プランより高くなる場合がありますのでご注意を!

宿タイプと合わせ部屋タイプによって参加料金が変わります。以下の表は参加人数により利用できる部屋タイプの例となります

参加人数 部屋タイプ
一人で参加 相部屋 シングル
二人で参加 相部屋 シングル × 2 ツイン
三人で参加 相部屋 シングル×3 シングル+ツイン
またはトリプル
四人で参加 相部屋 シングル×4 ツイン×2
またはトリプル+シングル
またはフォース

参加人数により利用できる部屋タイプが変わりますが、一番安い部屋タイプは「相部屋」です。次に安いのはフォース、トリプル、ツイン、シングルの順となります。宿タイプと合わせ選びます。
結論としては、宿タイプは「寮」&部屋タイプは「相部屋」の組み合わせが、合宿免許で一番料金が安くなるプランです。

キャンペーン等を活用する

前に述べた通り、合宿免許の料金は閑散期が一番安く設定されています。
その閑散期の料金よりもさらに安く免許が取れるのがキャンペーンやセールの利用となります。これらは教習所が独自に行うもので特に入校生が少ない時期に実施されることが多くなっています。しかし、繁忙期でも入校者数を見込めない時はスポット的に料金を下げて入校者を募集するといった教習所もあります。
キャンペーンの多くは料金を下げるだけでなく部屋タイプにおいても一人で利用できるシングルでの設定が多くなります。キャンペーンを利用すれば通常一番高いシングルを一番安い料金で参加が可能となります。これはかなり費用の削減につながります。

普通車の合宿免許に参加の方には、2名や3名でのグループ参加だと割引があったり、学生だと学割が利用できたりします。また、決められた日までに申込みをすると早割という名目で割引があったりします。これらを有効に活用することで最大15,000円もの割引を受けることが可能となります(教習所により利用できる割引や割引額は異なります)。
当センターでは地域ごとに分けられたキャンペーン一覧「合宿免許 格安・激安 お得なインターネット割引キャンペーン・期間限定の特別料金」というページがありますので、合宿免許に行こうかなという方は参考にしてください。

まとめたのがこれ!!

合宿免許の参加費用をできるだけ安くするための方法をいくつか述べてきました。入校日を優先するのではなく、料金を優先される方は以下の内容を参考にしてお安くお得に免許を取得できるようご検討してみてください。200,000円以下で運転免許を取得できるなんて事も十分可能かも!?

合宿免許で安く免許を取る方法をまとめ

  • 参加する時期(入校日)は閑散期(料金設定が安い時期を狙う)
  • 宿タイプは学校寮がある教習所を選択する(料金設定が安い)
  • 部屋タイプは相部屋を利用する(料金設定が安い・・・キャンペーンを利用できる場合はこの限りではない)
  • 申込みは入校する2ヶ月前には行う(早割が使える)
  • できるだけ二人以上で参加する(グループ割引が使える)
  • 学生の方は学生証を持って行く(学割が使える)
  • 料理ができる方は自炊タイプの合宿免許プランを利用する(食事がつかないので料金設定がさらに格安)

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ