• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 合宿免許・免許合宿に関するコラム一覧
  4. 合宿免許「自炊プラン」VS「3食付プラン」

合宿免許「自炊プラン」VS「3食付プラン」

合宿免許には食事付きと自炊のプランがある

合宿免許とは短期間の合宿を行うことで通学免許よりも早く免許の取得が可能になる方法です。この合宿免許に参加をした場合には合宿校で用意されたホテルに泊まり運転免許取得を目指すことになりますが、その際に問題となるのが食事という問題です。合宿免許期間中でも食事を摂ることは必要不可欠ですので合宿期間中の食事をどうするかを考えなければいけません。現在、合宿免許には3食の食事付きプランと自炊のプランの2通りが用意されている場合が多く、自分の希望で食事付きか自炊かをチョイスできるようになっています。食事付きと自炊にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分にどちらが向いているかを考えて選択する必要があります。食事抜きでは合宿免許も集中して参加できませんのでその点も考慮して選ばなければいけません。

自炊プランの合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許に自炊プランで参加した場合、得られるメリットとしては費用が食事付きプランよりも安価になるということが挙げられます。食事付きの場合は食事の料金も含まれますのでどうしても費用的に自炊プランよりも高額になります。それと自炊プランの場合は自分の好きなものを食べることが可能になりますので自炊をして料理を作ることや外食で好きなメニューを食べるといった自由度の高さもメリットです。ではデメリットは何かといえば、合宿免許に参加して運転で疲れた場合でも自炊ですので食事を自分で用意しなければいけないと言うことです。その為合宿免許に参加している間の3食は全て自己責任で用意し食事をする必要があります。疲れていても食事を用意してあるわけではないので買いに行くのが面倒、作るのが面倒といったデメリットがあります。それと場合によっては外食ばかりで食費が嵩み食事付きプランよりも費用面で逆転してしまうことも有りますし、自炊出来ない人は基本買ったものをたべることになるのでその点もデメリットとなります。

【自炊プラン実施校】

【女性限定レディースプラン(自炊タイプ)実施校】

食事付き合宿免許プランのメリットとデメリット

食事付きプランの合宿免許を選ぶメリットとしては、なんといっても食事の心配をする必要が無いので運転免許取得に集中することが出来ると言うことでしょう。基本的に食事付きプランの場合は3食の食事が用意される形となるので、確実に食事をすることが可能になります。特に自分では食事を作ることが出来ない人は食事付きのプランを選ぶことで充実した合宿を送ることが可能になります。では食事付きプランのデメリットとは何かと言えば、3食の食事付きですがそのメニューは自分で選ぶことが出来ないため出されたものを食べなければいけなくなります。それと3食付きの場合食べたくなくても食事が提供されるため食事を拒否することが出来ません。何より3食の料金はプランの中に含まれているので自炊プランよりも費用が高くなるというデメリットもあります。

合宿教習 実施校 ⇒ 自動車学校・自動車教習所一覧はこちら

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ