• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 合宿免許・免許合宿に関するコラム一覧
  4. 合宿免許で入校日初日は何をするの

合宿免許で入校日初日は何をするの

合宿免許の入校日初日は緊張する!?

人生で生まれてはじめての自動車学校。緊張する人もいるでしょう。自分は車の運転を一人でできるようになるのだろうか?高速道路を走れるようになるのだろうか?誰でも入校日初日は緊張するものです。でも最初からつまずかないためにも事前に学科のテキストを読んで予習しておくのもよいでしょう。学科ができても技能教習はまた違ったりします。頭でわかっていても車庫入れ等は勘を自分でつかまないといつまでもできなかったりします。このように合宿免許の入校日初日は緊張しますが最初からスムーズにスタートを切れると免許を取得するまでの道のりも波に乗れそうです。また合宿免許だからこの期間内にすべてをクリアしなければいけないというプレッシャーもあるかと思います。なるべく緊張せずに教習に臨みたいです。

合宿免許の入校日の初日にする具体的なこととは?

合宿免許の入校日の初日は具体的にどんなことをするのでしょうか?短い期間に自動車の運転免許をできればノーミスで取得したい。そんな希望もあってプレッシャーもあるので余計に不安です。合宿免許の場合、短期間で自動車の免許を取得するため入校日の初日であっても入校の説明だけでは終わりません。一通り説明や適性検査が済むとさっそく、教習開始です。はじめての学科の授業、技能教習も開始になります。ある合宿免許のスケジュールではだいたいお昼から入校説明、その後、適性検査、学科の授業、技能教習らしいです。まとめると学校の入学式と違って合宿免許の場合はすぐに教習に入るということです。次の日からと思っていては学科や技能教習にちょっと乗り遅れてしまいます。とにかく免許取得までのスケジュールを自分なりに把握しておくことが大切です。

合宿免許の入校日の初日までにしておきたいこと

合宿免許の入校日の初日までにしておきたいことは体調管理がもっとも重要です。入校日の初日は朝から夕方まで長丁場だったりします。自動車学校によってはちょっと違うかもしれません。途中で居眠りをしたりしないように万全の体調で初日を迎えたいものです。実際に学科教習や技能教習もはじまります。緊張しますけど、逆にはじめてのことで慣れないので疲れもあります。車の運転席に乗るのははじめてな人がすべてではないでしょうか?隣にはベテランの教習所の教官。特に緊張します。ゲームの運転はできても実際の本物の車となると誰しも緊張します。ということでめまぐるしい初日になりそうです。合宿免許の入校日の初日はいろいろあわただしいので風邪を引かないように健康管理に気を付けてしっかりと前日は睡眠を取るとよいでしょう。

まとめ

合宿免許の初日は上記でも述べた通り説明だけでなく「学科教習」や「技能教習」もあります。朝早く自宅を出発し長時間交通機関にゆられ合宿校に入校、初日全ての予定が終わるのは夕方になるケースがほとんどです。よって体調は前もって管理しておいてください。また、季節によっては台風や豪雨など予期せぬことが起こることがあります。事前に天候なども調べておき、状況によって早めに合宿免許を予約した予約センターにお問い合わせしてください。

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ