• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 合宿免許・免許合宿に関するコラム一覧
  4. 高校生に合宿免許をおすすめする理由

高校生に合宿免許をおすすめする理由

高校生には合宿免許がおすすめ

高校3年生になると運転免許を取得できる18歳という年齢を迎えることになり、晴れて運転免許取得へのスタートラインに立つことが可能になります。しかし高校生の運転免許取得は高校の規則などで18歳という誕生日を迎えていても教習所に通うことが禁止されているところも珍しくはありません。そういった意味で免許を取得したいけどなかなか運転免許が取得できない場合や、誕生日が遅いので就職までに免許取得が難しいということも考えられます。そんな時におすすめしたいのが通学免許ではない合宿免許での免許取得です。
合宿免許の場合は免許取得にかかる期間も費用も通常の通学免許よりもメリットがありますし、高校生の場合は夏休みや春休みもあるのでその間に素早くサッと免許を取得してしまうことも可能となります。その為社会人に比べて時間に余裕のある高校生の場合は特に合宿免許での免許取得がおすすめと言えます。

合宿免許を卒業旅行代わりに

高校生の場合、卒業旅行に行く人も少なくないと言えますが、それと合宿免許で一緒に行ってしまうということもおすすめです。合宿免許は観光地と呼ばれる場所に合宿校がある場合も多く、合宿先のチョイス次第では観光を楽しむことも可能になります。合宿期間中は教習時間以外は自由に行動できますので夏休みや春休みなどを利用すれば夏祭りや海水浴、スキーやスノボなども楽しむことが出来ますし、観光地にある合宿校であれば観光地巡りをすることも出来ます。その為友達数人で合宿免許に参加すれば免許の取得をしながら観光なども楽しめ一石二鳥となるでしょう。もちろん合宿校のチョイスが最も重要となりますので、自分の行ってみたい観光地の合宿校を探して、その教習所に申し込みを行うことが重要になります。夏休みや春休みの時間を利用できますので非常に有意義に時間を利用できるでしょう。

費用が安く済むので高校生におすすめ

一般的な通学免許の場合、高校生でも免許取得に必要な費用はおよそ30万円程度と言われています。もちろんこれは1発で卒業検定に合格した場合の話で、もし教習の延長や検定に不合格などがあればそれだけ費用が嵩むことになります。しかし合宿免許の場合は基本的に最初に支払った費用のみで追加料金がかからないのが特徴(教習所によって保証内容は違います)でしかも費用も通学免許よりも安価ですので、出来るだけ負担をかけずに運転免許を取得したい場合には合宿免許は打って付けだと言えます。2週間の間、ご自身で教習の予約をする必要がなく教習所から与えられたカリキュラム通り進めることでしっかりと運転技術を身に着けることが出来ますので通学免許よりも圧倒的に早く技術習得が可能になります。2週間程度の時間があればOKなので春休みや夏休みなどの時間を上手く使えば運転免許の取得と学業の両立も可能になるでしょう。その為卒業後に就職する人だけでなく今から大学入試を控えている人も合宿免許を利用すると安価に短時間での免許取得が可能になります。

まとめ

高校生が運転免許を取得できる年齢である18歳に達するのは一般的に高校3年生である場合がほとんど、高校3年生と言えば就職や進学など人生の岐路であるが故、運転免許の取得は後回しになってしまうことが多いといえます。運転免許はいつ必要になるかわかりません。将来をみすえ高校生のうちに免許取得をおすすめいたします。

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ