• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 合宿免許・免許合宿に関するコラム一覧
  4. 合宿免許の相部屋ってどんな感じ

合宿免許の相部屋ってどんな感じ

実はこんな感じ!合宿免許での相部屋での様子

合宿免許を申し込むにあたり、多くの人が不安に感じることの一つが相部屋での共同生活です。
もちろん一人部屋が用意されている施設もありますが、費用を節約するために仕方なく相部屋に宿泊するという人もいます。合宿免許は学生に人気があります。そのため申し込みの多くは20歳前後の若者です。このような若者たちが一つの部屋で共同生活を送るわけですが、年齢が近い者同士が集まると合って、多くの人はその雰囲気にすぐに溶け込みます。

中には合宿免許取得後も連絡を取り合う仲にまで発展する人もおり、共同生活が想像以上に楽しかったと感じる人もいます。しかし逆に年齢が高めの人が相部屋で多くの若者と一緒になった場合、話が合わずにすれ違いを経験することもあります。しかし運転免許取得という目的での共同生活ですから、その点を割り切ることができるのでれば大きな問題とはなりません。

心配なら友達同士で相部屋に宿泊!

人見知りの性格であり、見知らぬ人との共同生活にはどうしても抵抗を感じてしまうという人がいます。そのような場合、友達と一緒に合宿免許を申し込むことができます。このようにすれば相部屋で生活するのは気の知れた友達であるために、ストレスを抱えることなく運転免許の取得に励むことができます。

多くの場合、相部屋にもいくつかの種類があります。二人での相部屋もあれば四人での相部屋もあり、一つの部屋にたくさんの人が宿泊するほど費用が安くなるのが一般的です。そのため合宿免許に必要な費用を節約したいのであれば、友達三人と自分を含めた四人で相部屋を確保し、合宿免許に臨むことができます。

もちろん自分と同じタイミングで運転免許を取得したいという友達がいるかどうかに左右されますが、このような方法で相部屋生活を快適なものとすることができます。

合宿免許の相部屋といえども自分の時間の確保は大切

友達同士で相部屋で生活することになろうと、見知らぬ人との相部屋生活になろうと、ある程度自分の時間を確保できる状況を作ることは非常に大切です。この点で多くの人はインターネット端末等を持ち込んで自分の時間を楽しんでいます。地元にいる友達に近況を報告したり、自分の好きな動画やホームページを見て息抜きとするのです。最近ではパソコンのみならず、スマートフォンやタブレットなどのコンパクトなインターネット端末が普及していますので、そのようなものを持ち込むことができます。さらには現在は小型ゲーム機でもインターネットに接続できてしまうのでゲーム機とインターネット接続器兼用としてお持ちになられる方もおられます。

また相部屋に宿泊している他の人たちを邪魔しないようにするためにも、イヤフォンを持参することがお勧めです。動画の音や音楽などを周りを気にせずに聞いていると、たとえそれが大音量でなくても迷惑をかけてしまうことになり、室内の雰囲気が悪くなってしまうことがあるからです。こうしたことに注意し、快適な合宿生活を送るように心がけます。

まとめ

相部屋は合宿免許の参加料金が安くなる、見知らぬ方と友達になれるなどメリットがある反面、同じ部屋に常時人がいるのでプライベートな時間が無いことがデメリットと言えます。
ご自身のライフスタイルなどに合わせ、合宿免許の部屋タイプをお考えいただければと思います。

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ