• ホーム Home
  • 合宿免許について About Us
  • 普通車AT・MT AT/MT
  • 普通二輪・大型二輪 Two-wheel
  • 大型・中型・大特・けん引 Four-wheel
  • 大型二種・中型二種・普通二種 Second-category License
合宿免許コラム
  1. 合宿免許わかば ホーム
  2. 知ってて得する豆知識 合宿免許コラム
  3. 合宿免許・免許合宿に関するコラム一覧
  4. 「合宿免許と通学免許」選ぶならどっち

「合宿免許と通学免許」選ぶならどっち

合宿免許と通学免許の違いとは?

運転免許を取得するためには自動車教習所に通い教習を受ける必要があります。
そのための方法として挙げられるのが合宿免許と通学免許という2種類の方法です。この2つのどちらを利用した場合でも運転免許の取得は可能となりますが、合宿免許と通学免許には取得するのに大きな違いがあります。違いを十分に理解して選択しないと運転免許の取得に失敗したと言うことにもなりかねません。
合宿免許の場合は名前の通り、合宿(教習所が用意する宿泊施設に泊まり)しながら短期集中型で運転免許を取得する方法、通学免許の場合は自宅から自動車教習所に通い運転免許を取得する方法です。一般的に通学で免許を取得される方が多いと言えます。

合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許で運転免許を取得する場合のメリットとしては、普通車ATであれば2週間程度の期間で運転免許を取得できるので非常に短期間での免許取得が可能になります。
合宿免許の場合は宿泊施設に泊まりながら毎日運転免許の教習を集中的に行う方法で免許を取得することが出来ます。
通学免許は基本技能教習の予約を教習所の受付でしなければなりません。教習に空きが無い場合は技能教習を受講したくても出来ませんが、合宿免許の場合は入校から卒業までスケジュールを組み配車予約を事前にするので教習を受けることができないなんて事はありません。
何より入校する教習所によりますが通学免許とは異なり費用を一旦支払えば追加料金が必要無い点も合宿免許のメリットとなります。短期間で集中的に運転技術を学べるので時間の無駄なく免許取得が出来ます。
しかし合宿に参加するためにはまとまった日にちが必要となるため、社会人のような2週間程度休みをまとめて取れない人は利用が難しいですし、基本的に合宿期間中は自宅に帰ることも出来ないと考えなければいけません。

【合宿免許メリット】

  • 短い期間で免許の取得が可能
  • 技能の乗車予約が不要(教習所が全て手配してくれる)
  • 教習所の保証内容によっては追加料金が発生しなし

【合宿免許デメリット】

  • まとまった休みが必要
  • 学科も技能の進み方が早い(自分のペースで進められない)
  • 合宿免許期間中は自宅に帰ることができない

通学免許のメリットとデメリット

通学免許は自宅から自動車教習所に通いながら免許を取得する方法で、自分の空いた時間を利用して少しずつ免許の取得を行うことが出来る方法です。
合宿免許とは異なりまとまった時間を必要としないので自分のペースに合わせた免許取得が可能になるので、主婦や社会人の人でも免許の取得が可能になります。じっくりと学科を勉強したい人は通学免許のほうがしっかりと勉強できるので学科の試験も合格しやすくなります。
少しずつ学科と技能を受けるので時間がかかるというデメリットはありますが、自宅から通える点は大きなメリットとなります。
デメリットとしては教習所の繁忙期になると、乗車予約がとれずなかなか技能教習を受けることができないという問題が出てきたり、合宿免許のように2週間程度でほぼ確実に免許を取得できるわけではないので、人によってはかなりの時間を要することも考えられます。その為短期間で免許取得をしたい人には通学免許は向いていないと言えます。

【通学免許メリット】

  • マイペースに教習を進められる
  • 自宅から通える

【通学免許デメリット】

  • 入校から卒業まで期間が必要(平均1ヶ月以上)
  • 繁忙期は乗車予約がとれない

まとめ

合宿免許と通学免許にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。自分の生活スタイルに合った方法で取得すると運転免許の取得がスムーズに行えるのではないでしょうか。

このページのトップへ

  • 資料請求(無料)

  • ご入校申し込み

このページのトップへ